医療をデーターベース化することのメリット

IT化が進む中で、医療も例外ではありません。



電子カルテ化が進み、紙媒体のカルテを持ち歩く時代はほぼ終わりを迎えています。
さらに個人病院でも診察券を提示するだけで、その人がいつ来院して以前はどんな病気や治療を受けたのかが瞬時に分かるようになっています。



こうした仕組みはデーターベースが不可欠なものとなっています。データーベース化することのメリットは、医療の現場でいいますと、患者のカルテをものすごい量のあるカルテから探す必要がありましたが、データーベースがあれば、端末1台を持ち歩くだけで瞬時に対象の患者の情報を取得することができます。

BIGLOBEニュース情報選びをお手伝いするサイトです。

例えば、タブレット端末を持ち歩き、患者の説明の際にもこんな症状がある、レントゲンの結果や過去の通院歴などを照会することができるようになります。
こうすることで、急変した患者への対応も素早くできるようになります。

医療の世界でこうした情報をデーターベース化することで、早くかつ正確な対応をすることができます。
しかし、手書きとは違い、入力ミスをしてしまうと気づかれないままの状態で残ってしまうこともあり、この点は注意が必要です。

例えば処方で、mgをgで間違えてしまうと大変なことにつながりかねません。
こうしたことを気づくためにも、多くの医療関係者が閲覧することができるようにしておくこともポイントの一つです。

ただし、個人情報を多く扱うため、流出や端末の放置などのことはしっかりとした教育が求められます。