医療情報をデーターベース化するメリットデメリット

様々な分野でIT化が進む中で、医療分野についても例外ではありません。

患者を含め何かしらの診察を受けた人の情報をデーターベース化することで、瞬時にその人のカルテを見ることができるというメリットがあります。

鋭い観点から医療のデーターベースを利用するなら此方のサイトです。

瞬時にカルテを見ることができるということは、今までに何の治療や診療を受けてきたのか、どういった処方箋をされてきたのかが分かるようになっています。
例えば、アレルギーがある人であれば、薬の相性などもデーターベース化されているというのが通常です。

期待できるBIGLOBEニュース情報ならこちらのサイトです。

前回どのような症状で来院したのか、どんな症状だったのかなど分かるようになっています。


こうすることで、紙媒体のカルテを持ち歩くことなく、タブレットなどの端末を持ち歩くだけで、何人もの患者や職員を含めデーターベース化されたカルテを持ち歩くことに等しくなるのです。


医療の特に現場においては患者の情報を瞬時に照会できることは非常に重要で、緊急入院や外来で来た人の情報が何もない状態とでは全く異なります。血液型などもその情報の一つです。


このようにメリットが多くあるのが医療におけるデーターベース化のメリットです。



反対に、デメリットは個人情報の漏えいです。


データーベース化されていることは、誰もが閲覧できてしまう可能性があるという点です。アクセス制限をしていたとしても、端末を置き忘れてしまうなどが発生してしまうと、誰もが閲覧、操作ができてしまいます。
こうしたことを避けるためにも日々の教育が必要とされています。